ドルスイスフラン(USD/CHF)新規トラップ-期待と不安

FX再開となる明日月曜日が楽しみな一方、不安もあります。
現状、証拠金維持率が低くなっています。
トラップを仕掛け過ぎている気がしているため、一方的な値動きになった場合、維持率が低下しやすい環境なのではないかと思っています。

がしかし。
ラッキーなことに今はスイスフラン関連の通貨ペアにトラップをかける順番です。
何がラッキーかというと、スイスフランショックの影響で安値が異常値を示しています。
その影響で利幅がものすごく広くなっています。
つまりトラップがかかりにくい=証拠金維持率が低下しにくい。
この期間でしっかりと維持率を回復させなければなりません。

さて、不安だったらトラップを仕掛けなきゃいいという正論を無視してw
不安を打ち消すがごとく、どんどん仕掛けます。

ドルスイスフラン(53pips)
 ショートトラップ 0.9334→0.9281 1,000
 ロングトラップ  0.9228→0.9281 1,000

ドルスイスフランについてはフィボナッチ76.4%を超えてきているので、ロングトラップはこれ以上高値を追いかけません。
高値掴みを抑制する手立てです。
そのうち下落に転じてくるでしょうから、その時をのんびりと待ちます。

期待を不安が交錯するこの時間も楽しいものです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA