豪ドルドル(AUD/USD)新規トラップ-問われる手腕

久しぶりの朝のブログ更新です。
今は更新そのものを控えていますから。
来週くらいにはペースを戻せるかと思っていましたが、見通しが甘いようです。
あと1か月くらいは無理かもしれません。
想像以上に証拠金維持率の戻りが悪いためです。

これだけ仕掛けるトラップを控えているのに証拠金維持率が回復しない理由は、一方的な円安の流れでしょう。
シンプルトラップトレードは一方的な値動きには弱いようです。
そりゃそうです。
わかっていたことが顕在化しただけです。
今の段階で再確認出来てよかった。

さて、もうトラップを仕掛ける順番は関係ありません。
今の保有ポジションと反対売買になるようにしていきます。

豪ドルドル(48pips)
 ショートトラップ 0.7501→0.7453 1,000

現時点で0.7464。
ちょっと遠いですが、仕掛け場所についてはしっかりとマイルールを守っていきます。

トラップ本数を減らしている影響なのか、一方的な相場の影響なのか。
含み益を抱えるポジションが減ってきているのと比例して利益も減ってきています。
思った以上にダメージがある状況です。
現状からの脱却に手腕が問われそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA